住友生命の「たのしみ未来」と「たのしみキャンバス」はオススメ?個人年金の仕組みを活用した商品の5つのメリットとは?

保険を活用して教育資金を貯めようとしたとき、初めに思い浮かぶのは学資保険ではないでしょうか。

学資保険は長く親しまれていることもあり、何となく名前を聞いたことがある人も多いと思います。

中には親やおじいちゃん・おばあちゃん世代から「教育資金の貯蓄なら学資保険がいいわよ!」と勧められた方もいるでしょう。

でもひとえに『学資保険』と言っても種類がたくさんあって迷ってしまいますよね。

そこで数ある学資保険の中から、今回は、住友生命の学資保険「たのしみ未来つみたて学資プラン(以下たのしみ未来)「たのしみキャンバス」を紹介します。

特徴をはじめ、メリット、デメリットを中心に「たのしみ未来」と「たのしみキャンバス」について徹底解説します!

ぜひ今後の保険商品選びのご参考にしてみてください。

もくじ

たのしみ未来とたのしみキャンバスはほぼ同じ商品

「たのしみ未来」と「たのしみキャンバス」、とても名前が似ていますよね。

しかし住友生命の公式ホームページを見たところ「たのしみ未来」が見つかりません…

『もしや販売中止してしまったのか?!』と心配になり、住友生命に問い合わせてみると「たのしみ未来」も2019年現在しっかり販売しているとのこと!

改めて住友生命の公式ホームページを拝見したら、「その他商品のご案内」内の「金融機関でお取り扱いしている商品」の商品一覧にしっかり掲載されていました。

住友生命>保険をお考えのお客様>その他商品のご案内>金融機関でお取り扱いしている商品

しかも「たのしみ未来」と「たのしみキャンバス」は基本的には同じ商品ということがわかりました。

たのしみ未来とたのしみキャンパスの違いは取り扱い販売元が違う

中身はだいたい同じ商品なのであればどこが違うのか?

実は2つの商品は販売元が異なるものだったのです。

ちなみにどこで契約しても特に大きなメリット・デメリットはありません。

ただし保険料の払込方法に若干違いがあるようです(後ほど詳しく説明します)。

契約場所に特にこだわりがなければ、希望する払込方法がある方で契約した方がよいでしょう。

たのしみ未来・たのしみキャンバスの評判は?

体験者の口コミや評判ってやはり気になるところですよね。

筆者も未体験な商品やお店を選ぶときはよく口コミを参考にします。

たのしみ未来・たのしみキャンバスを検討している方や実際に契約した方からはどんな評判を受けているのでしょうか?

この中で最も多くみられた意見は「返戻率が高い」ということと、「保障機能が希薄」という点でした。

これらを踏まえて、たのしみ未来・たのしみキャンバスについて掘り下げていきましょう!

たのしみ未来・たのしみキャンバスの5つの特徴

たのしみ未来・たのしみキャンバスの特徴には5つのことが挙げられます。

たのしみ未来・たのしみキャンバスは個人年金保険

たのしみ未来とたのしみキャンバス、どちらも学資保険と思いきや、実はいずれも学資保険ではなく個人年金保険の一種。

個人年金保険とは、公的年金とは別に、老後資金準備のため私的に契約する生命保険です。

そのため死亡時の保障より貯蓄性を重視することが目的。

たのしみ未来・たのしみキャンバスはこの貯蓄性重視の仕組みを活かして、子供の教育費を計画的に準備できるように作られたこども保険です。

たのしみ未来・たのしみキャンバスの仕組み

たのしみ未来・たのしみキャンバスの仕組みはこのようになっています。

参照:たのしみ未来のパンフレットたのしみキャンバスのご契約のしおり

死亡給付金とは子供が万が一亡くなってしまったときに支払われるお金のこと。

保険料払込期間中、死亡給付金は払込んだ保険料の相当額とイコールなので、保険料を払い込んだ分だけ徐々に増えていきます。

そして保険料払込期間満了直後には死亡給付金額がぐっと増加に。

保険料払込期間満了日の翌日から年金支払開始日の前日までの期間を据置期間といい、その時期を経て、それまでに貯まった年金原資から年金支払開始以降5年に渡り年金が支払われます。

もし年金支払開始を子供の大学入学時に合わせれば、大学通学中毎年お金を受け取れることになりますね。

この年金の金額は契約時に確定していて、減額したりなくなることはありません。

そのため確実に将来に備えることができます。

またこの年金は子供の生死にかかわらず確実に支払われることになっています。

一回目の年金額を倍額で受け取れる

上の仕組み図でもお分かりのように、1回目の年金は2回目以降の年金額よりも倍額受け取り!

大学教育費の中で最もお金がかかる時期といえば、実は大学入学です。

そのため学資金は大学入学前に一番備えておかなければなりません。

たのしみ未来・たのしみキャンバスならばその時期にお金をしっかり備えておけるので安心ですね。

ちなみに年金原資は一時金として一括で受け取ることもできます。

ただし年金原資を一括で受け取るとそこで契約は消滅し、次年以降の年金は受け取れませんので注意しましょう。

また一括受け取りとは逆に、手続きをすれば分割での受け取り方法も可能。

分割は年2回、年4回、年6回、年12回から選べます。

年金の受取時期と、受取時期設定における注意点

年金の引き出しには申請が必要で、年金支払開始日前に支払に必要な必要書類の提出をします。

年金は年金支払日に第1回目の年金が支払われ、2回目以降は毎年の年単位の年金支払開始日の応当日に支払われます。

ただし年金受取開始時期の設定には注意が必要です。

第1回の年金を受け取れるのは、子供が設定した年金受取開始年齢を迎えたあとの最初の保険契約日以降。

例えば子供が3月生まれで、年金受取開始年齢を18歳にして保険を契約、契約月は5月だったとしましょう。

すると第1回目の年金は子供が高校卒業後の5月に支払われることになります。

これでは大学入学前に間に合いません。

子供の誕生月と契約月が離れている場合は、年金受け取り開始時期を1年繰り上げをしたほうが良いでしょう。

以下は年金受け取り開始年齢を18歳にしたときの、子供の年齢と保険契約月の早見表ですので参考にしてみてください。

5年ごとに配当金あり!?

たのしみ未来・たのしみキャンバスは5年ごとの利差配当付の保険です。

そのため住友生命が5年ごとに通算して資産運用が良く剰余金が生じれた場合は、5年ごとに配当金が支払われます。

配当金は年金開始日の前日までは積み立てられ(積立配当金)、その後積立配当金は年金の増額に充当。

また配当金があった場合は、配当金の支払いは契約後6年目から発生します。

保険料と返戻率をシミュレーションしてみよう

たのしみ未来とたのしみキャンバスの保険料の支払いはいくらくらいになるでしょうか?

そして返戻率はどのくらいになるのか?気になるところですよね。

返戻率とは支払った保険料総額に対し、戻ってくるお金(学資年金総額)の割合のこと。

例えば保険料を全部で190万円払込み、200万円の年金を受け取った場合、10万円とくしたことになり、返戻率は105.2%となります。

年金が210万円ならば110.5%に。

このように返戻率が高いほど契約者がお得になる割合のことですので、今回の保険商品や学資保険のように、貯蓄型の保険を選ぶうえで決め手の1つとなります。

返戻率はこのように求められます。

それではさっそく、たのしみ未来・たのしみキャンバスの保険料と返戻率をシミュレーションしてみましょう。

  • 子供の年齢:0歳
  • 年金受取総額300万円(基本年金額:50万円)
  • 年金支払開始年齢18歳
  • 15歳払込満了
  • 口座振替・月払い

上記の条件で保険料を試算してみると、保険料は16,280円/月になります。

保険料を15歳払込満了としたとき、保険料総額は293万400円

年金の受取総額が300万円ですので、69,600円も得したことになります。

これを返戻率にすると102.3%です。

子供の性別で保険料が変わる!?

住友生命に問い合わせたところ、契約年齢によっては被保険者となる子供の性別で保険料に差が出る場合があるようです。

大人の生命保険などでは男女の平均寿命が保険料に影響し、平均寿命が長い女性の方が保険料が低いケースがよくあります。

たのしみ未来やたのしみキャンバスは子供向けの保険なので、さほど平均寿命は影響しにくいものの、契約年齢が上がると男女の保険料に多少の差がでるそう。

上記のシミュレーションように子供が低年齢のうちに保険に加入するようであれば影響はありませんが、少し年齢が高めの男女の双子の子供がいるご家庭では契約時にしっかり見積もりをしてもらったほうがよさそうですね。

保険料の払込方法について

たのしみ未来とたのしみキャンバスでは、選択できる保険料の払込方法が若干異なります。

◇払込回数は3~4パターンから選択可能

  • たのしみ未来・・・月払い、年2回払い、年1回払い、全期前納

全期前納とは、保険料を契約時にまとめて払込する方法です。

保険料をまとめて支払うと保険料が割り引かれ、通常よりも安くなるメリットがあります。

  • たのしみキャンバス・・・月払い、年2回払い、年1回払い

たのしみキャンバスでは全期前納払いがありません。

ただし年1払いにすると、2年分以上をまとめて払込が可能な「前納」を選択することができます。

また月払いでは一括払いが選択でき、当月分以後の保険料を一括して払込できるように。

どちらもまとまった保険料の払込なので、全期前納のように保険料が通常より割り引かれます(一括払いは3カ月分以上が条件)。

◇払込経路ではクレジットカード扱いも選択可能

保険料の払込回数に続き、払込経路も見てみましょう。

  • たのしみ未来・・・口座振替扱い、クレジットカード扱い
  • たのしみキャンバス・・・口座振替扱い、一部クレジットカード扱いOK

たのしみ未来ではクレジットカード扱いも可能なのですね。

ただしクレジットカード扱いは払込回数が月払いのみとなります。

たのしみキャンバスでは公式には口座振替扱いのみとなっていますが、一部営業所ではクレジットカード扱いも取り扱いがあるよう。

また、たのしみキャンバスは営業所を通した通信販売も行っており、通信販売であればクレジットカード扱いも可能です。

保険料の引き落とし日

保険料の引き落としは毎月27日です。

27日に金融機関が休業日だった場合は翌営業日。

引き落とし日までに口座にお金が入っているかをしっかり確認しておきましょう。

口座残高が不足していて振替ができなかった場合は翌月に引き落とされます。

保険料の払込期間

保険料払込期間は10~18年から選択します。

こどものお金がかかる時期を見込み、生活費の負担と保険料の払込の負担がかからないように設定すると良いですね。

たのしみ未来・はじめてキャンバスのメリット5つ

たのしみ未来とたのしみキャンバスには次の5つのメリットがあります。

商品設計の自在性

たのしみ未来・たのしみキャンバスのメリットの1つには、商品設計の自在性があります。

自在性を裏付ける要因は次の3つ。

  • 保険料払込方法の選択肢の豊富さ
  • 払込期間の選択の充実
  • 自由な据置期間の設定

先述したように、保険料の払込には様々な方法が選択できます。

中でもたのしみ未来で可能なクレジットカード扱いは、普段からクレジットカードの利用がメインになっている人にとっては大きなメリットではないでしょうか?

また、払込期間に10~18年と幅があるのも魅力。

学資保険商品も同期間ほどの幅を持たせているものの、多くは期間の中で10年・15年・18年といったように選択肢がいくつかに限られています。

たのしみ未来やたのしみキャンバスにはそういった年数縛りがないので、子供の年齢やライフプランに合わせて振込年数が設定しやすいでしょう。

加えて保険料の払込期間を年金支払開始年齢までの期間より短くすることで据置期間を設定でき、ライフプランに応じて年金を準備できます。

こうしたことから、たのしみ未来・たのしみキャンバスは各家庭のライフプランにより寄り添えた設計が可能な商品と考えます。

年金受取総額が大きくなる

先述したように、たのしみ未来やたのしみキャンバスは貯蓄性を重視した生命保険です。

そのため死亡保障には特化していません。

そのかわり保険料払込期間中の死亡保障を既払込保険料相当額に抑えることによって、保険料払込満了後の年金原資などが大きくなるように設計されています。

告知・医師の審査不要

保険の加入には健康状態は重要なもの。

保険会社だって保険金を支払うリスクは少ない方がいいですし、できるだけ健康な人に加入してもらいたいと思っています。

そのため健康状態の審査や告知を厳しく求められる保険商品があったり、タバコの喫煙の有無で保険料が高くなるものも。

しかしたのしみ未来・たのしみキャンバスは契約に際して健康状態等の告知が不要なので、加入年齢さえクリアしていれば誰でも契約できます

近年禁煙運動が強くなって肩身が狭くなっている喫煙者でも、非喫煙者と同様に保険料が上がることなく契約できますよ♪

保険料の割引制度がある

払い込む保険料に応じて、保険料割引制度が適用されます。

将来受け取れる学資年金の金額は決まっていますので、保険料が割引されるほど、払い込んだお金より大きなお金を受け取れることに♪

保険料割引制度は月換算で払込保険料が15,000円からが適用。

割引率は0.5%で、30,000円以上だと割引率は1.0%にアップします。

100歳のおじいちゃん・おばあちゃんだって加入できる!?

たのしみ未来・たのしみキャンバスは被保険者の年齢が0~8歳であることが契約条件。

では契約者はというと、実は契約者には契約に際し年齢制限がありません

大体の保険には契約者に年齢制限がありますよね。

筆者がこれまで見てきた学資保険商品のどれにも、子供の年齢に加えて契約者の年齢制限がありました。

しかしたのしみ未来とたのしみキャンバスには年齢制限がないので、極端な話、保険の理解力と保険料の支払い能力さえあれば100歳のおじいちゃん・おばあちゃんだって加入できちゃうのです!

また、ご存知のように最近は晩婚・晩産と言われていて、年齢を高くして子供を授かる方も珍しくありません。

その割に学資保険加入可能な契約者の年齢は狭いうえ、保険料は契約者の年齢と子供の年齢に比例して高くなっていきます。

するとパパ・ママの選択肢が少なくなってしまっていますね。

そんな中たのしみ未来とたのしみキャンバスは契約者の年齢が関係ないので、パパ・ママが20歳でも50歳でも保険料は同じ。

『もうすぐパパorママ誕生日が来ちゃうから!』と焦って契約しなくても大丈夫です。

たのしみ未来・たのしみキャンバスのデメリットは3つ

上記では商品における5つのメリットをお話ししました。

続いてデメリットについても触れておきます。

たのしみ未来・たのしみキャンバスのデメリットは次の3つです。

契約者の保障がない

繰り返しになりますが、個人年金保険は死亡時の保障の分貯蓄性を重視させている保険です。

その特性を活用して、より年金受取総額が増額になる仕組みにしているたのしみ未来とたのしみキャンバスには、死亡保障等といった契約者の保障が一切ありません

学資保険では死亡保険金等の支払いはなくても、契約者が死亡してしまったり、重症な身体障害状態や病気になってしまった場合、それ以降の保険料の払込が免除になったりします。

しかしたのしみ未来・たのしみキャンバスには、死亡保険金の支払いはおろかそういった免除保障の取り扱いは×。

契約者に万が一のことがあっても、契約を継続したければ新たな契約者を設定して保険料を払い続けることになります。

また死亡給付金についても、被保険者である子供が亡くなってしまったときのみ支払われる保障。

子供が成長していく中でけがや病気はつきものですが、もし骨折や入院をして高度障害状態や障害状態になってもこの保険で保障してくれることはありません。

返戻率が低い

数年前の口コミでは、たのしみ未来・たのしみキャンバスの返戻率は良いという評価が多くみられました。

ところが、正直なところ現在のたのしみ未来・たのしみキャンバスの返戻率は決して高いとは言えません。

さらに住友生命の公式ホームページにあるたのしみ未来の電子パンフレットにも、以下のように記されています。

『この商品は住友生命を引受保険会社とする生命保険です。預金とは異なり、元本保証はありません。』

たのしみ未来学資積み立てプラン ご提案内容説明書より引用

つまり金利の状況によっては元本割れを起こす可能性もあるということです。

以前は高利率が売りだった学資保険商品の中にも、近年の低金利の影響ですでに元本割れをしてしまっているプランもありますので、たのしみ未来やたのしみキャンバスも他人ごとではないといえます。

返戻率を上げるには?

せっかく保険を用いて貯蓄をするなら返戻率をできるだけ上げたいですよね。

次の2つの方法を用いることで返戻率をわずかにアップすることができます。

シミュレーションを用いてみてみましょう。

方法1.払込方法(回数)を減らす

保険料は、年2回払いや年1回払いといったように1回に払い込むお金をまとめるほど、月払いのときの保険料総額より割引されます。

その結果返戻率がアップ!

  • 子供の年齢:0歳
  • 年金受取総額:300万円(基本年金額:50万円)
  • 年金支払開始年齢:18歳
  • 払込期間:15歳払込満了

この条件で払込方法だけを変えてみると返戻率はどのようになるでしょうか?

♢払込方法:月払い

月々の保険料:16,280円

保険料総額:2,930,400円

返戻率:102.3%

払込方法:年2回払い

一回の保険料:97,549円

月換算の保険料:16,258円(小数点第一位を四捨五入)

保険料総額:2,926,470円

返戻率:102.5%

払込方法:年1回払い

一回の保険料:194,773円

月換算の保険料:16,231円(小数点第一位を四捨五入)

保険料総額:2,921,595円

返戻率:102.6%

上の結果を表であらわすとこのようになります。

やはり払込保険料額をまとめるほど返戻率がアップしますね。

さらにもし全期払いや前納などをすれば返戻率はより上がります。

現在資金にやや余裕があるようでしたら、できるだけ払込金額をまとめたほうが結果的に後々得するでしょう。

方法2.払込期間を短く、措置期間を長くする

子供の契約年齢が同じでも、保険料の払込期間を短くし年金払込開始までの措置期間を長くするほうが返戻率が良くなります。

結局のところ1回に払い込む保険料金をまとめるという点で払込方法の変更と同じ。

払込期間を短くするほど1回の払込保険料金が上がる(まとまる)ので、返戻率が上がるのです。

払込方法の時と同条件で払込期間だけ変えたときのシミュレーションで比較してみましょう。

払込方法は月払いにします。

  • 子供の年齢:0歳
  • 年金受取総額:300万円(基本年金額:50万円)
  • 年金支払開始年齢:18歳
  • 払込方法:口座振替、月払い

払込期間を3年縮めると返戻率が1.1%アップしました!

このように、払込期間を短くすることで返戻率を上げることができます。

ただし1回の保険料も値上がりますので、収入と相談しながら負担が大きくならない範囲にしましょうね。

祝い金の仕組みはない

学資保険商品の中には、幼稚園~高校の進学のタイミングに合わせて祝い金としてお金を受け取れるものもあります。

たのしみ未来・たのしみキャンバスにはそうしたお祝い金を受け取れる仕組みはありません。

特約で付加することもできませんので、お祝い金の受け取りを希望するならば他の学資保険を検討した方がよいでしょう。

ちなみに住友生命にも「こどもすくすく保険」という商品があり、特約を付加すればお祝い金を受け取れるようになります。

参考記事⇒住友生命の学資保険「こどもすくすく保険」をお勧めできる5つの特徴と2つの留意点

たのしみ未来・たのしみキャンバス契約の諸基準

これまで述べてきた商品の諸基準について、たのしみ未来とたのしみキャンバスに分けてまとめました。

基本年金の最低年金額は20万円から契約可能となっています。

基本年金額が小さい分保険料も小さな金額で抑えることができますが、基本年金額が20万円だと年金原資は120万円。

大学資金の準備金としてはちょっと少ない金額です。

現在4年制の国立大学でも入学費と授業料だけで最低242万5,000円はかかります。

2019年5月ついに「大学等修学支援法」が可決・成立され、2020年4月から大学など高等教育が無償化されことになりました。

ただしこの対象者は低所得世帯の学生が対象であり、全員ではありません。

ここから十数年後は、ひょっとしたら所得に関係なく高等教育の学費は無償化される世の中になるかもしれませんが、現状保障も確信もありません。

どんな世の中になろうと、備えあれば患いなしですので、現在の状態で考えれば基本年金額は50万円程度(=年金原資300万円)に設定しておいたほうが安心でしょう。

参考記事:国公立大学の月々平均学費は5万円?国立・公立大学別、大学在学期間でかかる費用

私立大学の学費を攻略せよ!有名私立大学を比較して明らかにする、文理各学部の学費相場と内訳

たのしみ未来・たのしみキャンバスはこんな人にオススメ

返戻率が低い点と死亡保障の充実度が薄い点からすると、保障も貯蓄も1つの保険で賄いたい人にとっては、たのしみ未来やたのしみキャンバスのおすすめ度はやや低いと筆者は考えます。

また子供の保障についても死亡給付金のみですので、医療などの保障も希望する場合は別途医療保障がある保険を検討する必要があるでしょう。

加えて、お祝い金がある保険ならば断然学資保険の方が優位です。

たのしみ未来・たのしみキャンバス加入におすすめの人は、ズバリ「確実」を求めてる人!

上にも述べたように返戻率は決して高くはありませんが、しっかり保険料を納めて設定した年金開始時期が来れば確実に年金を受け取れます。

保険料も半ば強制的に払い込みをしていくので、確実にお金は貯まっていきます。

恥ずかしながら筆者自身もあまり貯蓄が得意ではありません。

強制的に必要なお金を別場所へ保護してくれる仕組みのたのしみ未来・たのしみキャンバスは、筆者のように貯蓄が苦手な人にとってオススメ。

そしてたのしみ未来・たのしみキャンバスは第1回目の年金額を通常より倍額で受け取れます。

大学進学準備のために最初にお金を多めに受け取りたい方にはオススメな商品といえるでしょう。

また先述したように契約者の年齢は保険料に影響しないので、パパ・ママの年齢が高く、子供がまだ小さい家庭にも向いています。

付加できる特約

たのしみ未来・たのしみキャンパスには付加できる特約が用意されています。

これを付加することにより学資保険をより活用しやすくなります。

指定代理請求特約

子供が年金の受取人になっているが諸事情により受取人である子供が年金を請求できない場合に、子供の代理で年金などを請求できる特約です。

後継年金受取人指定特約

年金受取人が年金支払開始日以降に亡くなってしまったとき、その人の代わりに後継者をたてて以後の年金を受け取ることができます。

これらの特約の保険料は無料で付加しても保険料は上がりませんので、念のため付加しておいてもよいでしょう。

なお指定代理請求特約や光景年金受取指定特約を行うにはあらかじめ指定代理請求人を指定しておくことが必要です。

育英年金の特約はある?

学資保険によっては「育英年金」と言って、契約者が亡くなってしまったときに、学資金が支払われるまでの間、学資金とは別に年金を受け取れる特約を付加できる商品があります。

育英年金が毎年の教育費や生活費をサポートしてくれるので、契約者が急逝してしまっても生活に困ることを回避できるでしょう。

残念ながらたのしみ未来・たのしみキャンバスには育英年金の取り扱いはありません。

もし学資金支払いまでの保障も兼ね備えたい場合は、別途生命保険への加入か育英年金を付加できる学資保険をお勧めします。

生存給付金は付けられる?

生存給付金とは、保険期間中で決められた時期を迎えたとき(住友生命では生存給付金支払日または保険期間満了時)に被保険者が生存している場合に給付されるお金のこと。

住友生命の中にも生存給付金付きの保険商品はあるようですが、たのしみ未来・たのしみキャンバスには生存給付金はありません。

保険料の払込が困難なときは3つの方法で解約を回避!

ひょっとしたら保険を契約後、生活費などが想像以上にかさみ保険料の支払いが負担になってしまうかもしれません。

もし保険料の支払いが困難になってしまった場合は、次の3つの方法により保険を継続させていけます。

保険料立替制度

保険料の払込には、払込方法によって保険料の払込猶予期間が設けられています。

契約する保険によっては払込猶予期間を過ぎてしまうと保険契約が失効してしまうものも。

しかしたのしみ未来・たのしみキャンバスでは保険料の振り込みがないまま猶予期間が過ぎてしまっても、保険料立替制度により住友生命が自動的に保険料の立替えをしてくれます。

うっかり保険料の払込口座に残高不足で保険料が引き落とせなかったときも安心ですね。

基本年金額の減額

将来受け取る予定の年金額を少なくして保険料を軽減する方法です。

変更後継続的に保険料を抑えられるので経済的負担は軽減するでしょう。

しかしもともと基本年金額を少なく契約していた場合、せっかく保険料を月々支払っても将来もらえる金額は想定していたより少ないかもしれません。

減額を希望するなら支払っていく保険料総額と受け取れる年金額を比べてみて損をしない程度に抑えておきましょう。

スイング制度

住友生命のライブワンやQバックを契約している人がとれる制度です。

もしこのどちらかを契約している場合、未払い込みの保険料をライブワンかQバックの積立金から払い込まれたものとして取り扱われます。

将来の年金額も変わらずに済むのでデメリットは少ないのではないでしょうか。

お金が入用な時の貸付

『(入園・入学準備金等で)まとまったお金が必要なのに全然お金がない!』

と困ってしまったとき、たのしみ未来・たのしみキャンバスを契約していれば契約者貸付を利用することができます!

これは、お金が入用なとき、必要資金を契約者の解約返戻金の一定範囲内で貸り入れることができる契約者のみの特権。

一時的な貸付のやり取りに有効で、返金の目途がついた時点で返金すれば、学資年金や解約返戻金に影響を及ぼすこともありません。

ただし借り入れ後に所定の期間を超えても返金がない場合は保険の契約が失効してしまいますので気をつけましょう。

解約したら損をする!?

解約は希望すればいつでもでき、解約時にはそれまで払い込んだ保険料を解約返戻金という形で支払われることになっています。

しかし解約返戻金はほとんどの場合払い込んだ保険料額よりも少ない金額に。

保険での貯蓄は預貯金とは異なり、私たちが払い込む保険料の一部は給付金等の支払いや生命保険事業の運用に使われています。

よって払い込んだ保険料すべてが解約返戻金に充てられるわけではないのです。

特に契約後しばらくの間は、保険料の大部分が経費や死亡給付金等の支払いに充てられてしまいます。

そのため契約後から短期間で解約してしまうと解約返戻金はほとんどない、もしくはゼロということも。

つまり保険料払込期間中は元本割れをしてしまうということですね。

また、たのしみ未来・たのしみキャンバスは、保険料の払込期間中の解約返戻金の上限を死亡給付金とする仕組みで保険料を計算しています。

これにより将来の年金用に積み立てた金額が死亡給付金を上回ったとしても、解約返戻金は保険料積立金を下回りますので気を付けてください。

保険契約を解約する方法

元本割れを覚悟で保険契約を解約したい場合、まず保険の契約者本人から保険担当者かスミセイコールセンターへ連絡しましょう。

解約の申し込みをしたのち、所定の書類を提出すれば解約が完了します。

名義変更や住所変更などの各種手続きについて

保険契約中、引越しや結婚など環境が変わることも考えられますね。

そういった場合は速やかに手続き変更を行うことが大切です。

もし変更手続きを怠ってしまうと、変更後に住友生命から保険に関する大切なお知らせが届かなくなってしまうばかりでなく、将来年金をスムーズに受け取れなくなってしまう可能性も。

保険は契約者と保険会社との信頼関係で成り立つものです。

以下6つのようなことがあった場合は、保険担当者かスミセイコールセンターへ連絡しましょう。

  • 契約者変更を希望するとき
  • 死亡給付金受取人を変更するとき
  • 指定代理請求人を指定・変更するとき
  • 改姓・改名をして名義変更をしたいとき
  • 引越し等で住所や電話番号が変わったとき
  • 海外に長期間滞在するとき

これらの変更をするときには保険証券が必要ですので、連絡する際は必ず手元に用意しておいてください。

契約者死亡後は契約者の新規設定が必要!

先述したように、たのしみ未来・たのしみキャンバスは契約者に万が一のことがあっても、保険金の支払いや保険料の支払いが免除になることはありません。

むしろ契約者が亡くなってしまったあとも契約者をそのままにしておくことはできず、必ず新規の契約者の設定が必要です。

そうしないと保険を継続していけなくなるので速やかに手続きをしましょう。

たのしみ未来・たのしみキャンバスを契約すると税金が安くなる?

学資保険は生命保険の一種です。

そのため保険料期間中は一般生命保険控除の対象です。

たのしみ未来・たのしみキャンバスは個人年金型保険。

しかし所得税法上の所定の条件を満たしていないので、個人年金保険料控除の対象ではありません。

代わりに一般生命保険料控除の適用対象となり、保険料の払込期間中は、払込保険料の一定額が所得税と住民税の対象となる所得から控除され、毎年の所得税・住民税の負担が軽くなります。

控除の申請は秋~冬にやってくる年末調整・確定申告にて行います。

年末調整の時期になると、住友生命から生命保険料控除証明書が届くのでしっかり保管しておいてくださいね。

一般生命保険料控除の申告方法については以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事⇒学資保険は控除対象で税金が安くなる!住民税・所得税併せて最大6.8万円節税できる仕組みと3つの手続き方法

一方、年金を受け取ったときは一時所得となります。

ただし増えた分が50万円を超えなければ実質非課税に。

年金総額を150万円以上300万円未満にした方は、第1回年金(年金額:50万円)のときだけ所得税が高くなります。

また第1回年金の受け取りの際、契約者と年金受取人が別の場合は贈与税も加わりますので留意しておいてください。

生命保険料控除証明書の再発行について

住友生命では、生命保険料控除証明書は「スミセイ安心だより」に同封されて届くようです。

しかし中身をあまり見ずに捨ててしまったら大変!

年末調整・確定申告には生命保険料控除証明書が必須です。

このように紛失してしまったときや何らかのトラブルで証明書が手元に届かないときは、生命保険料控除証明書を再発行してもらいましょう。

生命保険料控除証明書再発行の手続きはインターネットもしくはコールセンターへの連絡から簡単にできます。

まとめ

本記事では住友生命の学資積み立てプラン「たのしみ未来」「たのしみキャンバス」について解説しました。

1つの保険で貯蓄をしつつ契約者の保障もしっかり…と考えると、たのしみ未来・たのしみキャンバスのプランはもう一歩と感じてしまうかもしれません。

しかしすでに他の保険に加入していて保障を確保している人にとっては、学資金の貯蓄に計画的かつ集中できるでしょう。

学資保険関連の保険はたくさんありますので、この記事もご参考にしていただきながら、ぜひご自身に合ったプランを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です